見出し画像

やさしさ、 ってなんだっけ

僕はよく「やさしい」という言葉をよく使います。最近立ち上げた #やさしいかくめいラボ はもとより、CAMPFIREの行動指針にも「他者にやさしくあろう」とはっきりと入っています。他の活動や発言にも、結構昔から使っているはずです。

周囲の子やスタッフにもよく聞かれます。家入さんの言う「やさしさ」ってなんですか、と。それは甘やかしと違うんですか。そう。「やさしさ」と「甘やかし」。似てるようで違う。違うようで似てる。

でも僕の中では、明確に、定義が違います。

甘やかし」とは、自分が嫌われることを恐れるあまりに、相手に伝えるべきことを伝えられず、結局、相手の行動や全てを受け入れてしまう態度。弱さ。
やさしさ」とは、時には嫌われようとも、時には厳しくとも、相手のことを思って、見返りを求めずに行動や発言をできる態度。強さ。

人と人は分かり合えない

僕が他者と接する時、基本的なスタンスは「人と人は分かり合えない」という前提に立ちます。たとえ親子でもね。「分かり合える」と言う幻想にしがみつくから、友人や恋人と「分かり合えない」と感じた瞬間に、絶望してしまう。身に覚えありますよね。僕もたくさんあります。小学生の頃、先生に散々言われてきましたよね。「人の痛みが分かる人間になろう」と。僕らはそう教えられて、育ってきた。

でもね。分かり合えないんです。分かり合える訳なんてない。たとえば目の前に大怪我を負って血を流している人がいる。その人の実際のリアルな痛みがあなたには分かりますか?分かる訳なんてないんです。だって自分は怪我してないんだもの。痛くないもの。

それでも。目の前に血を流している人がいたら、僕らはきっと動くはずです。助けちゃうはずです。面倒くさいことに巻き込まれるかもしれない。服に血が付いちゃうかもしれない。それでも、僕らは、動く。それって、なんでだろう。

それは、怪我の痛さを知っているからです。怪我をして、血を流すことの痛さを、そして辛さを、これまでの経験で知っているから。だから、僕らは動く。一方的に。頼まれてもないのに。見返りだってないのに。

他者との関係に見返りを求めない

人との付き合いやコミュニケーションも同じではないでしょうか。分かり合える訳なんてないのに、見返りだってないのに、それでも、相手のために何かをしてあげたい。伝えたい。それはある意味、独善的で、一方的な行為です。わがままとも言える。お節介でもある。

「分かり合える」と幻想を持つことは、ある意味、他者との関係の中で見返りを求めているようにも見えます。「私はあなたを愛してる」という言葉の裏に(だから、あなたも私を愛してね)といった気持ちが見え隠れするように。本来、相手の気持ちがどうであるか、分からない。分かるはずもない。(あなたがどうかは分からないけど)「私はあなたが好き」と言うことを一方的に伝えることしかできない。はず。

でも、不安の裏返しからなのか、愛情にしろ友情にしろ、人は他者との関係において、すぐに見返りを求めてしまう。私はあなたのことを愛してる。あなたも、私のことをどう思っているか、言葉にして私に伝えて欲しい。そうして出てきた言葉に、初めて思う。「私たち、分かりあえたね」と。

嫌われる勇気

話は戻ります。改めて、僕の思う「やさしさ」とは、自分が過去に経験した理不尽な出来事や、劣等感や、辛さから、今同じような状況にある他者に対して「自分に何かしてあげられることは無いだろうか」と、一方的に、見返りを求めず、行動をすることです。それが例え、相手にとって望む行動や言葉じゃ無いとしても。それで、自分が嫌われたとしても。

やさしさとは時に、厳しさをともないます。それで嫌われてしまうことだってあります。嫌われて孤立するのは、僕だって怖い。自分がいま相手のためにとっている行動は果たして「やさしさ」なのか?それとも、嫌われたくないが故の「甘やかし」なのか?僕も日々、自問自答しながら、「人と人は分かり合えない」という前提に立って、他者とコミュニケーションしています。

汚い言葉は使わない

そうそう。僕はその「やさしい」態度でいるために、大事にしていることがあります。それは、相手をバカにするような「汚い言葉」は決して使わない、と言うこと。それはやさしさでも、厳しさでも、何でもない、ただの罵倒です。例え相手のことを思っていても、そんな態度では伝わるものも伝わらない。汚い言葉を使う必要なんてないし、僕はそんな言葉を使う人のそばからは、そっと離れます。北風と太陽の寓話のように、強い言葉にはむしろ人は身構えてしまう。去ってしまう。それは、とても、悲しいこと。

僕はこのnoteを、#やさしいかくめいラボ のみんなを思いながら書きました。いろんな意見があっていい。批判や議論も、大いに結構。だって、そう言う場なのだから。それでも。ラボの名前にもなっているように、やさしい態度や言葉を忘れて欲しくないな、と思う。もちろん強制はしないし、罰則なんてものも無い。でも、ラボのメンバーである以上は、気をつけてもらえたらな、って強く願います。僕らは、そういった罵詈雑言の飛び交う場から逃げるように、この居場所を作ったんじゃなかったっけ。

最後に、家入からの問い

僕の思う「やさしさ」とは、そういったものです。あなたの思う「やさしさ」とは何ですか?ぜひコメントやSNSで教えてください。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

やさしい革命を起こし、居場所をつくる活動に使わせていただきます!

僕もスキ!
1205

家入一真の頭の中

不定期に書くコラムです。
18つ のマガジンに含まれています

コメント37件

尊敬している上司のやり方はまさに優しさだなぁと思いながら読ませていただきました。
甘やかしは自己満要素が含まれて
優しさとは相手を思いやる気持ちが含まれるのではないかと思っていますが、
自分ではまだまだ難しくて特訓中です!
僕にとっての優しさは誰かを「ただ想う」ことです
これすごく難しいなと感じます
見返りを求めず、ただ誰かを想う
強くないと優しくなれないなと
個人的には正しさより優しさを取りたいです
優しさと甘やかしの私の思う定義としては相手を想ってするか、自分を想ってするか、だと思いました。これって叱ると怒るの違いにも通じますよね。
ネット仕事の合間に、16年間ほど水鳥達のエサやりボランティアをしています。水鳥達には、人間のように前頭葉(思いやり、やさしさ)という厄介な十字架の縛りがないので、スゴク楽で癒されます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。