見出し画像

こんな僕でも社長になれた - プロローグ

逃げる逃げる 僕は逃げて飛びつづける ──山田かまち

プロローグ

「……社長、そろそろミーティングのお時間です」
「……ああ、分かった。すぐ行くよ」

 秘書の呼びかけに、パソコンのキーボードを叩く手を休め、顔を上げて応える。ふっと息をついて、席を立つ。窓の外に目を向けると、眼下に広がる、東京という大都会。
 僕が初めてこの、渋谷という地を訪れたあの日から、早いものでもう三年が過ぎた。
(あっという間だったな……)
 瞬間的に、今までのことが走馬灯のように、僕の頭の中を駆け巡った。

「社長……お疲れですか?」
 僕の様子に、心配そうに秘書が尋ねる。
「ううん、大丈夫。ありがとう」
 ……少し、昔を思い出していたんだ。
 目を細め、心の中でそっと呟く。
(こんな僕が「社長」か……)

 すると突如、僕の目の前に、一人の男性社員が現れた。
「社長……やっぱりまだここにいらっしゃったんですね」
「……あ、いや、その」
「社長が逃げないようにお迎えに上がりましたよ。お願いしていた社長担当の例の企画、ちゃんとでき上がってますよねえ? ……僕、確かに今日がリリース日って、連絡してたと思うんですけど。……まさかまだできてないなんて、そんなはずないですよねえ?」
「え、えっと……は、ははは」
「できてるんですか、まだなんですか」
「……ご、ごめんなさいっ」

 ……こんな僕も、社長だ。

「人生、何が起こるか分からんねえ」
 僕の母さんは今でも、こんな言葉をたびたび、口にする。
 福岡の田舎町。傾きかけた古いボロ家が、子供の頃の住まいだった。貧しくても楽しかった毎日。それがふとしたきっかけで一変、どん底に突き落とされた。父さんが押入れを改装して作ってくれた部屋に、三年間に渡ってこもり続けた。プログラムに没頭し、山田かまちにあこがれた。新聞配達の傍ら芸大受験に挑み、果てはネットで出会った女子高生と結婚、そんな僕が今、なぜか社長。
 右に行こうと思えば左に引っ張られ、前に進もうと思えば思いっきり後ろに倒される。振り返ってみれば、面白いほど、思うように運んでこなかったこれまでの僕の人生。

 実を言うと僕自身、そんな過去について、つい最近まで、誰にも打ち明けられずにいた。誰かに話して、軽蔑されることが恐かった。笑われるのが恐かったのだ。
 でも、あるときふと、それでいいじゃないか、と思えるようになっていた。
 情けないことづくし。格好いいことなんて一つもなかった、僕の半生。でも、だからこそ、面白い。だからこそ、予想もしなかった今がある。
 いつからか、そう思えるようになっていた。
 
 笑ってください。
 家入一真。挫折と逃亡、汗と涙。ちょっぴり奮起、ちょっぴりロマンスの全記録。
 それでは、はじまり、はじまり〜。

次の章第一章 貧乏な家に生まれて

目次

全文公開にあたって
プロローグ 
第一章 貧乏な家に生まれて
第二章 「ひきこもり」だったあの頃
第三章 長いトンネル
第四章 起業前夜
第五章 ペパボ黎明期
第六章 成功、そして未来へ
エピローグ
新装版にあたって
解説 佐々木俊尚

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

やさしい革命を起こし、居場所をつくる活動に使わせていただきます!

僕もスキ!
98
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。